Sugiyama 椙山女学園

椙山女学園大学 現代マネジメント学部

  • 学部TOPへ
  • 新着情報一覧
  • 学部紹介
  • カリキュラム
  • 教員紹介
  • キャンパスライフ
  • 資格・進路
  • 大学院
  • 入試情報
HOME > キャンパスライフ > 学内外の活動

学内外の活動

連携プロジェクト  業界の最前線を知る、社会連携授業

【連携プロジェクト】

社会との対話を通して、マネジメントスキルを磨く

企業や行政と連携したさまざまなプロジェクトや、学外のビシネスコンテストなど、学生が主体的に取り組める学びの場を多数用意しています。学生は社会での交渉やプレゼンテーション、ビジネスプランの企画・立案、スケジュール管理などを体験。仲間とともに課題を乗り越える中で、チーム力や自主的な行動力、マネジメントの実践力を身に付けていきます。

学部主催のビジネスプラン・コンテスト

地元企業の協賛を得てビジネスプラン・コンテストを開催

このコンテストは、東海・北陸地方の大学生(大学院生)と高校生に現代社会の課題を解決するビジネスプランを募集するもの。発表されたプランは、今の社会の大きな課題に正面から取り組むものが多く、興味深い内容でした。あわせて起業に向けての講演会も開催。さまざまな角度からビジネスを学ぶことができました。

学部主催のビジネスプラン・コンテスト

観光振興のための現地調査

清須市の新たな観光資源を求め、現地調査を実施

清須市と連携し、市の観光振興への取り組みがスタートしました。その第一歩として、現地調査を実施。清洲城や日吉神社、新しくオープンしたあいち朝日遺跡ミュージアムなどをめぐり情報を集めました。現地で体感した清須市の魅力を生かし、文化や歴史を踏まえた企画を立案。市の担当者へのプレゼンに向けてブラッシュアップしています。

観光振興のための現地調査

ビジネスホテルのマーケティング戦略

ビジネスホテルの社長を招き、ホテル活性化策をプレゼンテーション

社長によるビジネスホテルのマーケティングについての特別講義を受け、実際に訪問。業界の現状と課題などを学び、ホテル活性化策を企画・立案。プレゼンテーション後に社長に講評していただき、マーケティング戦略の難しさを学びました。ビジネスの厳しさとそれに向き合う姿勢を学ぶ貴重な機会となりました。

ビジネスホテルのマーケティング戦略

中日ドラゴンズ連携活動

ドラゴンズ女性ファン獲得に向けた活動報告

2018年秋から、地元プロ球団「中日ドラゴンズ」の女性ファン層拡大に向けた活動がスタート。その一環として、野球観戦に対する意識を調べるための学生アンケート調査を行い、その報告会を開催。分析結果だけでなく、そこから考えられる施策なども提案しました。今後は今回の調査結果を踏まえ、球団との連携内容を模索していきます。

中日ドラゴンズ連携活動

スイーツの商品開発

新しいスイーツを通して、百貨店の魅力をアピール

星ヶ丘三越と連携し、若い女性に百貨店の魅力をアピールするプロジェクトの一環としてスイーツの商品開発に取り組みました。長野県でスイーツ販売を手掛ける「リーグルカフェ」の協力を得て、女性に人気のフローズンヨーグルトを使ったスイーツを考案。ターゲットの設定や販売シミュレーションなどマーケティングの実践の場となりました。

スイーツの商品開発

新しい名古屋のお土産開発

「名古屋ベルころん」売り上げ10,000個を達成!

特産品の企画・販売を行う株式会社スマイル-リンクと連携し、「女子大生が作る自分たちが欲しくなる名古屋土産」をコンセプトに開発した「名古屋ベルころん」。2019年10月に販売を開始。学生たちが自ら販促にもアイデアを出し合い、10,000個の売り上げも達成。商品開発を体験することで、消費者行動の知見を深めることができました。

新しい名古屋のお土産開発

エシカル消費の推進

新しい消費トレンド「エシカル消費」の普及啓発

人や社会、環境に配慮した商品を積極的に購入することを「エシカル消費」と呼び、世界が注目する新しい消費スタイルとなっています。エシカル消費について学科で学んだ知識とスキルを生かし、中学校でワークショップ型の授業を計画・実施。さまざまなエシカル商品の社会的意義と魅力を伝えることで、エシカル消費推進に取り組んでいます。

エシカル消費の推進

【業界の最前線を知る、社会連携授業を展開!】

さまざまな業界の「仕事の現場」で活躍されている方々を講師に招いた「特別講演」や、普段見ることのできない企業や組織を見学する「学外授業」など、企業などとの連携・協力により、ビジネスの最前線を見て、触れて、理解する学びを展開しています。

税法ディベート大会

ディベートを通し他大学の学生との交流

約20年の歴史がある「税法ディベート大会」に参加。ディベートとは、あるテーマについて肯定側・否定側に分かれて討議し、そのテーマについての理解を深めること。チームで協力し合いながら、立論などを考え大会に臨みました。他大学の学生と議論を交わすことは、新しい発見があり、学びの理解につながりました。

税法ディベート大会

金融機関見学

名古屋銀行を訪れ現場の空気を体感

見学会は銀行の役割についての説明からスタート。銀行の三大業務である「預金」「貸出」「決済」のほか、同行が取り組んでいる女性活躍推進についての紹介がありました。その後、本店営業部を見学。行員が紙幣の枚数を数える「札鑑」に模擬紙幣を用いて挑戦。現場の空気を肌で感じる機会となりました。

金融機関見学

名証株式投資コンテスト

株式売買の疑似体験から経済を学ぶ

名証株式投資コンテストは、仮想的な300万円の資金を元手に名証上場銘柄を売買し、期間内にいくらまで増やせるかを競うもの。学生たちは、株式売買の疑似体験を通して、実体経済の流れを学修。また、名古屋証券取引所より講師を招き特別講義を行うなど、実践的な学びの場となりました。

名証株式投資コンテスト

ページTOPへ